札幌から約50分。千歳から約50分の農業の町。

保育所・認定こども園

学童保育

2021年度 学童保育入会について

《募集人員》

なんぽろ児童会(南幌小学校内) 60名

《申込方法》

「児童会入会申込書」、「就労証明書又は就労状況申告書(父母各1部)」、「納税確認同意書」を、保健福祉課健康子育てグループ(あいくる)に提出してください。(書類は、あいくるにあります。下記<各種様式>からもダウンロード可。郵送不可)

《児童会について》

(1)入会対象児童

南幌町にお住まいで小学校に通っている小学校1年生から6年生までの児童で、保護者等が労働等の事由により、児童の保育が十分果たせないと認められる家庭の児童を対象としています。

(2)実施場所

なんぽろ児童会    南幌小学校内
※2021年度については、なんぽろ児童会1ヵ所で実施いたします。

(3)開設時間

下校時(授業終了時)から午後6時30分まで。延長保育は午後7時まで。
学校休業日(※土曜日、春、夏、冬休み)、学校行事(学芸会、運動会等)の振替日は、午前8時から午後6時30分までです。(歩いて帰宅する場合は午後4時30分までです)
※日暮れの早い冬季や天候の悪い日などは、児童の安全性を考慮して、お迎えをお願いしたり、早めに帰宅を促したりする場合があります。

(4)休会日

日曜日・国民の祝日・年末年始(12月30日~1月5日)・悪天候による集団下校時及び臨時休校時・疾病による学級閉鎖、学年閉鎖、学校閉鎖時。

(5)保育料

保育料は、一人につき1ヶ月4,000円です。ただし、1ヶ月の利用日数が10日未満の場合は、半額となります。同一世帯で2人以上入会している場合は、2人目から減額措置があります。
また、ひとり親世帯で住民税が非課税の場合は減額措置があります。
当月分を翌月15日、口座振替(南幌町農協又は空知信金南幌支店)させていただきます。15日が金融機関休業日の場合は翌営業日になります。

(6)傷害保険料・おやつ代

○児童会内での万一の事故に備えて、傷害保険に加入していただきます。
保険料は、児童一人につき800円かかります。
・入会決定後、納めていただきます。
○父母の会としておやつ代を納めていただきます。

(7)お弁当の用意

小学校で給食のない日には、お弁当を持参していただきます。
(土曜日、春、夏、冬休み、始業式、終業式、振替休校など)

(8)その他

貴重品、金銭、学校で禁止されているものは絶対に持たせないでください。

《提出する書類について》

○ 「児童会入会申込書」

・祖父母が同居している場合は、世帯の別に関係なく必ず記入してください。 
・該当事項には、漏れなく記入をお願いします。

○ 「就労証明書」又は「就労状況申告書」

・勤務先で証明してもらってください。 
・自営業の方は「就労状況申告書」と内容を証明する書類を必ず添付してください。
・父・母それぞれ必要になります。
(ひとり親家庭の方は保護養育している親のみ) 
・兄弟、姉妹等での入会希望者の場合、保護者の就労証明書又は就労状況申告書は、保護者1組分で構いません。

※必ず就労証明書又は就労状況申告書を提出してください。提出がない場合は、入会をお断りする場合があります。

○ 「納税確認同意書」

・委任状欄には世帯全員を記入してください。

○ 「延長保育申込書」

・延長保育を申込する場合に使用します。

○ 「学童保育料減免申請書」

・災害その他、特別な事情により学童保育料減免申請を行う場合に使用します。

○ 「児童会退会届」

・学童保育を退会するときに提出してください。

○ 「児童会変更届」

・就労先が変更した場合等に提出してください、

 <各種様式>

《入会決定等について》

・入会を承認する方には、「児童会入会決定通知書」等を郵送します。

《その他注意事項等》

入会申込に虚偽、または不正があった場合は、退会していただく場合があります。

令和4年度保育所・認定こども園(保育所部分)の入園申込について

募集人員

南幌いちい保育園 70名
認定こども園南幌みどり野幼稚園 45名

入園手続きについて

令和4年4月1日入園受付 令和3年11月1日(月曜日)から
・入園を希望する方は、令和4年度「入園のしおり」(下記からダウンロード)を必ずお読みいただいたうえで、次のとおり申込ください。
・保育園等を利用するには「保育の必要性」の認定が必要となります。
・南幌町では認定申請と入園申込を同時に受け付けます。
※認定こども園(幼稚園部分)の入園申込、問い合わせは各園で受け付けます。

申込受付期間

利用希望月申請受付期間通知書発送予定日
令和4年4月1日令和3年11月 1日(月)~11月15日(月)令和4年 1月下旬頃
令和4年 5月令和4年 3月15日(火)~ 4月14日(木)令和4年 4月中旬以降
令和4年 6月令和4年 4月15日(金)~  5月13日(金)令和4年 5月中旬以降
令和4年 7月令和4年 5月16日(月)~ 6月14日(火)令和4年 6月中旬以降
令和4年 8月令和4年 6月15日(水)~ 7月14日(木)令和4年 7月中旬以降
令和4年 9月令和4年 7月15日(金)~ 8月12日(金)令和4年 8月中旬以降
令和4年10月令和4年 8月15日(月)~ 9月14日(水)令和4年 9月中旬以降
令和4年11月令和4年 9月15日(木)~10月14日(金)令和4年10月中旬以降
令和4年12月令和4年10月17日(月)~11月14日(月)令和4年11月中旬以降
令和5年 1月令和4年11月15日(火)~12月14日(水)令和4年12月中旬以降
令和5年 2月令和4年12月15日(木)~ 1月13日(金)令和5年 1月中旬以降
令和5年 3月令和5年 1月16日(月)~ 2月14日(火)令和5年 2月中旬以降

入園資格

南幌町内に居住している0歳(生後43日目)から小学校に入学するまでの乳幼児で、保護者のいずれもが下記の「保育を必要とする事由」に該当し、保育が必要と認められるお子さんです。
※認定こども園南幌みどり野幼稚園は0歳児(入所時満1歳)から

保育を必要とする自由
保育実施期間
月48時間(1日4時間以上、週3日以上)
以上120時間未満の就労
小学校就学前までの保育を必要とする期間
月48時間(1日4時間以上、週3日以上)
以上120時間以上の就労

妊娠・出産
 
出産予定日の前後
各2か月程度
保護者の疾病・障がい等
 
小学校就学前までの保育を必要とする期間
同居又は長期間入院等している親族の介護・看護
 
小学校就学前までの保育を必要とする期間
 
火災、風水害、地震その他の災害の復旧
 
災害の復旧が完了すると見込まれる期間
求職活動(起業の準備含む)
 
90日以内
就学(就労を前提とした職業訓練校や各種学校への通学)
 
職業訓練校や各種学校へ通学する期間
児童虐待やDVの恐れがある場合
 
小学校就学前までの保育を必要とする期間
育児休業を取得していて、すでに保育を利用している上の子どもが、
引き続き利用することが必要と認められる場合
小学校就学前までの保育を必要とする期間
 10 その他町長が必要と認める状態にある場合
 
小学校就学前までの保育を必要とする期間

入園申込方法について(令和4年度)

申請書等配布期間令和3年10月13日(水曜日)~
※「あいくる」保健福祉課健康子育てグループで配布します。
受付期間令和3年11月1日(月曜日)~11月15日(月曜日)《期限厳守》
※申込多数の場合は、入所基準等を審査し、入園の可否を決定します。申込の先着順ではありません。
受付時間平日 8時30分~17時まで
提出場所「あいくる」保健福祉課健康子育てグループ《郵送不可》
提出書類ア.全ての方が必要な書類
 1.施設型給付費・地域型保育給付費等 教育・保育給付認定申請書兼施設利用申請書
 2.同意書
 3.保育状況調査票
 4.保育を必要とすることを証明する書類
  ●保護者の状況により必要な書類が異なりますので、「入園のしおり」をご確認ください。
  ●きょうだい同時申請の場合は、原本とコピーでも可。
  ●令和4年4月1日入園申請と令和3年12月1日~令和4年3月1日の入園申請を同時に行う場合、原本とコピー
   でも可。

イ.世帯状況に応じて必要な種類
 1.対象年度の所得証明書等(いずれか1点)
   (住民税課税(非課税)証明書、給与所得等に係る特別徴収税額決定通知書、市町村民税額の税額決定・納税通知
   書)
 2.育児休業取得証明書
 3.転入誓約書(住宅等の売買契約書または賃貸契約書の写し(住所・契約者・引渡しがわかる部分))

開園時間と保育時間

通常の保育時間は、一般的に午前7時30分から午後6時30分までですが、保護者の就労時間によって保育を利用できる時間が8時間と11時間の2種類に分かれます。

就労時間(月)区分保育を利用できる時間
120時間以上保育標準時間(11時間)午前7時30分から午後6時30分まで
48時間以上120時間未満保育短時間(8時間)午前8時30分から午後4時30分まで

保育料について

4月~8月分  令和3年度市町村民税額により決定
9月~翌年3月 令和4年度市町村民税額により決定
詳しくは「入園のしおり」をご覧ください。

 <各種様式>

各種保育サービスについて

(1)延長保育

  保護者の勤務状況などにより、通常の保育時間内でのお迎えがどうしても困難なとき、別途申込のうえ、保育時間の延長ができます。

●利用料

区分7時30分~8時30分まで
16時30分~18時30分まで
18時30分~19時まで
1時間以内1時間超え
保育標準時間200円
保育短時間100円150円

【申込み・お問い合わせ先】
  南幌いちい保育園 南幌町中央2丁目2番2号 電話011-378-2734

(2)障がいのあるお子さんの保育

  情緒障害、言語障害などで集団保育が可能な比較的軽い障がいのあるお子さんを対象に、一般の児童と一緒に保育を実施しています。

(3)一時預かり

  保護者の就労や傷病等の理由により、家庭でお子さんを保育できない場合、緊急かつ一時的に保育園でお預かりする「一時預かり」を南幌い 
 ちい保育園で実施しています。
  1か月のうち15日、週3日の範囲内で必要とする期間となります。

【利用形態】
  1.勤務形態等…保護者の就労等により、平均週3日程度お預かりします。
  2.緊急保育……保護者の傷病、出産、介護、看護、災害、冠婚葬祭等により、緊急かつ一時的に家庭で保育が困難となる児童をお預かりし
   ます。
  3.私的理由等…保護者の通院、その他私的な理由(リフレッシュ、学校行事等)により、平均週3日程度お預かりします。

【利用対象者】
  南幌町内に住民登録がある満1歳以上で離乳食を完了しているお子さんから就学前の児童が対象です(里帰り出産を理由に緊急預かりで利用 
 する場合、住民登録がなくても利用できます)。

【保育時間】
  午前8時~午後6時まで(保育園の開園日に実施)

【利用料金】※年齢は4月1日現在の満年齢となります。

利用年齢区分1時間日額(10時間)給食代
3歳未満児175円1,750円240円
3歳以上時150円1,500円

 ※当日になってからのキャンセルについては、キャンセル料として300円かかります。
 ※利用料金は〇〇時間以内で計算します。
 (例)4時間5分利用→5時間以内 3歳未満児だと175円×5時間=875円

【申込方法】
  緊急の場合を除き、利用日3日前までの平日に申込書を南幌いちい保育園に提出してください。
  保護者の就労により利用される場合には「就労証明書」を添付してください。

【申込み・お問い合わせ先】
  南幌いちい保育園 南幌町中央2丁目2番2号 電話011-378-2734

保育所・認定こども園(2号認定・3号認定)在園者の各種届出について

下記の事由があるときは、必要書類を添えて必ず届出を行ってください。
届出先…「あいくる」保健福祉課健康子育てグループ
     変更申請書は退所以外、必ず必要です。

住所、氏名、保護者、家族構成、電話番号が変わったとき
その他、入所時に提出した書類の記載内容が変わったとき

 ・証明のできる書類

求職していた方が、仕事に就いたとき
勤務先や就労時間の変更などで、保育必要量(保育時間)が変わるとき

 ・就労証明書等

仕事を辞めて、求職(起業準備)するとき

 ・求職状況申立書

職業訓練校や各種学校などへ通学するとき

 ・在学証明書等
 ・入学予定の方は、合格通知書(写)とパンフレット

出産予定日の8週間前に入所するとき

 ・表紙(氏名)と分娩予定日が記載されているページの写(母子健康手帳など)

保育所・認定こども園を退所するとき

 ・保育所退所届(町外転出の場合は転出届手続前に提出してください。)

 <各種様式>

新型インフルエンザ等発生時の対応について

新型インフルエンザ等が町内で発生した場合は、国の新型インフルエンザ等対策計画に基づき、町内の保育園については、集団生活の場での感染拡大を避けるため、閉鎖となる場合があります。南幌町では、下記の対応を予定していますのでご理解ご協力をお願いします。

・閉鎖となる可能性のある保育施設
  南幌いちい保育園
  認定こども園南幌みどり野幼稚園(保育所部分)
・緊急保育の実施
  南幌いちい保育園において緊急保育を実施します。(一時預かり保育)
・緊急保育対象者
  南幌いちい保育園及び認定こども園南幌みどり野幼稚園(保育所部分)に入所している児童で、保護者が社会機能の維持に関わる仕事
 (警察・医療・ライフラインに関する業務等)に勤務されている方。
・緊急保育受入れ可能年齢・保育時間・利用料
 (1)受入れ可能年齢 1歳から就学前のお子さん
 (2)保育時間 午前8時~午後6時まで
 (3)利用料 3歳未満児 1時間 175円
        3歳以上児 1時間 150円
  ※給食の用意はできませんので、お弁当の持参をお願いします。

保育料・副食費について

保育料・副食費について、下記からダウンロードできます。

ご不明な点がございましたら、下記までお問い合わせください。

PDFファイル

保育を必要とする事由

教育・保育給付認定(2号認定・3号認定)を受けて保育施設に入所申込をする場合、施設等給付認定(2号認定・3号認定)を受けて預かり保育の無償化を適用する場合は、保護者のいずれもが下の表の「保育を必要とする事由」のいずれかにあてはまることが必要です。

申請を行う際には、下記の事由にあてはまることを確認のうえ、必要な添付書類を用意してください。

保育を必要とする事由保育実施期間
月48時間(1日4時間以上、週3日以上)
以上120時間未満の就労
小学校就学前までの保育を必要とする期間
月48時間(1日4時間以上、週3日以上)
以上120時間以上の就労
妊娠・出産
 
出産予定日の前後
各2か月程度
保護者の疾病・障がい等
 
小学校就学前までの保育を必要とする期間
同居又は長期間入院等している親族の介護・看護
 
小学校就学前までの保育を必要とする期間
火災、風水害、地震その他の災害の復旧
 
災害の復旧が完了すると見込まれる期間
求職活動(起業の準備含む)
 
90日以内
就学(就労を前提とした職業訓練校や各種学校への通学)
 
職業訓練校や各種学校へ通学する期間
児童虐待やDVの恐れがある場合
 
小学校就学前までの保育を必要とする期間
育児休業を取得していて、すでに保育を利用している上の子どもが、
引き続き利用することが必要と認められる場合
小学校就学前までの保育を必要とする期間
 10 その他町長が必要と認める状態にある場合
 
小学校就学前までの保育を必要と認める期間

施設等利用給付について

施設等利用給付認定について

施設等利用給付認定とは

 施設等利用給付認定とは、幼稚園・認定こども園の預かり保育、一時預かり事業の利用費を南幌町から還付する「償還払い」の対象となるために、事前に申請していただく必要がある認定です。

施設等利用給付認定の対象者

 下記の施設・サービスを利用する方が対象となります。給付認定の対象とならない場合でも、施設・サービスの利用は可能です。
・幼稚園(私学助成園)を利用する方(新1号認定)
・認可外保育施設(ベビーシッターを含む)を利用する方(新2号または新3号認定)
・一時預かり事業・幼稚園や認定こども園の預かり保育事業、病児保育事業、ファミリー・サポート・センター事業を利用する方(新2号または新3号認定)
★認定の種類(新何号認定)については、下記「施設等利用給付認定の種類」をご確認ください。

施設等利用給付認定の対象者となるには、下表のとおりお子様の年齢によって条件があります。

年齢(クラス年齢)世帯の条件備考
0~2歳住民税非課税世帯保育の必要性の認定が必要
3~5歳全ての世帯小学校就学前の3年間が対象

★クラス年齢とは、園を利用する年度における4月1日時点の年齢を指します。
★3~5歳児の方が、認可保育所や幼稚園の預かり保育、認可外保育施設等を利用する場合も保育の必要性の認定が必要となります。
令和3年度における年齢区分
0~2歳…平成30年4月2日以降生まれの子ども
3~5歳…平成27年4月2日~平成30年4月1日生まれの子ども
例…平成27年10月30日に生まれたお子様は、令和3年4月1日現在時点で5歳なので、クラス年齢は5歳(5歳児クラス)となります。

施設等利用給付認定の種類

 認定の種類は新1号認定、新2号認定、新3号認定と区分され、それぞれの対象者は下表のとおりです。

認定の種類     対象者
新1号認定       満3歳以上の就学前子どもであって、幼稚園(私学助成園)を利用し、教育部分のみの無償化を申請するもの
★保育の必要性(家庭において必要な保育を受けることが困難である理由)があり、預かり保育の無償化も申請する場合は新1号認定ではなく下記の新2号認定か新3号認定となります。
新2号認定       クラス年齢3歳以上小学校就学前子どもであって、保育の必要性(家庭において必要な保育を受けることが困難である理由)があり、預かり保育や認可外保育施設等(無償化の対象施設・サービスに限る)の利用の無償化を申請するもの
新3号認定       クラス年齢2歳以下小学校就学前子どもであって、保育の必要性(家庭において必要な保育を受けることが困難である理由)があり、かつ、住民税非課税帯に属しているもので、預かり保育や認可外保育施設等(無償化の対象施設・サービスに限る)の利用の無償化を申請するもの

保育の必要性について

上記アコーディオンの保育を必要とする事由をご覧ください。

申請書類について

(1)新2号認定を受けたい場合
 ・子育てのための施設等利用給付認定申請書
 ・保育を必要とする事由を確認する書類

(2)新3号認定を受けたい場合
 ・子育てのための施設等利用給付認定申請書
 ・保育を必要とする事由を確認する書類
 ・【令和3年4月1日時点で南幌町に住民登録がなかった方のみ】令和3年度(令和2年度)の市町村民税を確認する書類

申請書にはマイナンバーを記載していただくことになっています。自身の個人番号がわからないなど記載が困難な場合は、個人番号を記載せずに受け付けることも可能です(この場合、南幌町が住民基本台帳等情報により番号を確認します)。

施設等利用給付認定を受けた方の償還払い(施設等利用費の支給)について

概要

 施設等利用給付認定(新2号・新3号認定)を受けた方が、実際に給付を受けるには償還払いの手続きを行う必要があります。償還払いとは、いったん保護者が施設に支払った利用料を、保護者の請求に基づき、南幌知用が保護者に支給する仕組みです。

対象者について

 償還払いの申請を行う必要があるのは、施設等利用給付認定(新2号・新3号認定)を受けた方です。認定を受けた方には、「施設等利用給付認定通知書」が送付されますので、ご確認ください。

対象となる施設やサービスについて

 償還払いの申請により給付を受けることになる施設及びサービスは以下のとおりです。
 ・幼稚園や認定こども園(幼稚園部分)の預かり保育
 ・一時預かり(保育所)

支給額(上限額)について

 施設等利用費の支給額は、法定上限額と実際の利用料と比較した、低いほうの金額となります。
 法定上限額は、幼稚園・認定こども園(幼稚園部分)に在籍する場合は11,300円(新2号の場合。新3号は16,300円)、その他の場合は37,000円(新2号の場合。新3号は42,000円)となります。

預かり保育の支給額について

 上記の法定上限額に加えて、幼稚園や認定こども園(幼稚園部分)の預かり保育の上限額は、「利用日数×日額単価450円」又は実際の利用料のいずれか低いほうの金額となります。

(例1)預かり保育を15日間利用し、実際の利用料が10,000円の場合…
    15日×450円=6,750円<10,000円となり、6,750円が支給できる金額となります。
(例2)預かり保育を15日間利用し、実際の利用料が6,000円の場合…
    15日×450円=6,750円>6,000円となり、6,000円が支給できる金額となります。

償還払いの手続き

 償還払いにより施設等利用費の支給を受けるには、保護者が「施設等利用費請求書(償還払い)」に必要書類を添えて提出してください。

幼稚園又は認定こども園(幼稚園部分)に在園する場合
1.預かり保育を利用後、利用の翌月に施設から「領収証及び提供証明書(預かり保育事業)」が発行されます。
2.施設等利用費請求書(償還払い用)に、記載例等を参考に所定の欄に記載、押印のうえ各施設に提出してください。
3.各施設で取りまとめ、南幌町保健福祉課健康子育てグループへ送付されます。
4.南幌町にて所定の確認・審査を行い、支給決定後「施設等利用費給付決定通知書」が保護者へ送付され、ご指定の口座に利用費が振り込まれます。

必要書類について

・施設等利用費請求書(償還払い用)
・特定子ども・子育て支援の提供に係る領収証
・特定こども・子育て支援提供証明書

★本ページの説明は一般的な流れとなり、通園する施設により手続きが異なる場合がありますので、具体的な手続き等については施設にご確認ください。

支給時期

 支給時期は3か月に1回となります。年4回の支給を予定しており、申請書の到着日によっては、支給が遅れる場合があります。

 <各種様式>

この情報に関するお問い合わせ先
保健福祉課 健康子育てグループ | 電話番号:011-378-5888  FAX:011-378-5255