札幌から約50分。千歳から約50分の農業の町。

【ふるさと納税】ガバメントクラウドファンディングに挑戦中

3歳児健診の眼の機能検査機器を導入するための資金調達を開始

弱視等の早期発見、早期治療で子どもの眼の発達につなげたい!

トラストバンクが提供する、クラウドファンディング型でふるさと納税を募る仕組み「ふるさとチョイス ガバメントクラウドファンディング」(以下GCF)にて、3歳児健康診査に眼の機能検査機器を導入するためのプロジェクトを開始しました。
募集期間は2021年4月30日から9月30日(154日間)、目標寄付金額は137万5,000円です。

追記:すでにたくさんのご支援を頂戴しておりますが、様々なご協力もあって、メディアやSNSでも取りあげていただき、お問い合わせを頂戴するようになってまいりました。
その中で、ありがたくご支援を多数頂戴し、 多くの方々に活動を知っていただくために、寄附受付期間を9月30日(木)まで延長させていただく運びとなりました。

眼の機能の発達は、生後1か月くらいから始まり6歳くらいまでにほぼ完成します。
特に3歳から4歳頃が大切な時期で、この時期に屈折異常(遠視、近視、乱視)や斜視等の異常があると、その発達を妨げてしまいます。
しかし、これらの異常を早期発見・早期治療をすることで、視力の発達を促すことが重要となります。
そこで、GCFを活用して、簡単かつ的確に眼を検査できる携帯型の検査機器「スポットビジョンスクリーナー」導入に賛同する人たちから広く寄付を募ります。

今回、南幌町が取り組むGCFは、返礼品ではなく「使い道」から寄附を募るふるさと納税のクラウドファンディングです。
自治体が抱える地域課題と問題解決のため、寄附金の使い道をより具体的にプロジェクト化し、共感を得ることで寄付を募る仕組みです。

南幌町では、「将来にわたり子どもたちと笑顔で暮らせるまちづくり」に全力で取り組んでいます。
ご支援を何卒よろしくお願いいたします。

この情報に関するお問い合わせ先
総務課 財務グループ | 電話番号:011-398-7012  FAX:011-378-2131