外国人雇用状況の届出の際、在留カード番号の記載が必要となります

労働施策総合推進法に基づき、外国人を雇用する事業主は、外国人労働者の雇入れと離職の際に、その氏名、在留資格などについて、ハローワークへ届け出ることが義務付けられていますが、令和2年3月1日以降に、雇入れ、離職をした外国人についての外国人雇用状況の届出をする際は、「在留カード番号」の記載が必要となります。

外国人雇用状況届出における届出方法は、雇用保険被保険者の場合とそれ以外の場合で、届出方法が異なりますので、ご注意ください。

詳しくは、以下のリーフレットをご確認下さい。

関連リンク先