南幌町公共施設等総合管理計画

地方公共団体が保有する公共施設等の多くが高度成長期に整備され、順次耐用年数を迎えるに当たり、老朽化対策が大きな課題となっています。厳しい財政状況が続く中で、今後、人口減少等により公共施設の利用需要が変化していくことが予想されることを踏まえ、早急に公共施設等の全体の状況を把握し、長期的な視点をもって、更新・統廃合・長寿命化などを計画的に行うことにより、財政負担を軽減・平準化するとともに、公共施設等の最適な配置を実現することが必要となっています。
このような中、平成26年4月に総務省より公共施設等の総合的かつ計画的な管理を推進するための計画(公共施設等総合管理計画)の策定要請があり、本町では、公共施設の現状、維持管理、長寿命化及び統廃合等に関する基本的な考え方などを定めた南幌町公共施設等総合管理計画を策定いたしました。