農業後継者の支援について

南幌町ふるさと就農促進事業

国の制度である農業次世代人材投資事業給付金の給付対象とならない又は給付対象となることが困難な意欲ある農業研修生及び新規就農者のうち、研修または就農に要する経費の一部を支援するために給付金を給付する。

農業研修型

親元就農や農業生産法人で収入のない研修期間に農業に従事する青年農業者に対して給付金を給付する。

給付要件
・町内在住または予定している者
・町内で就農(1年以内)または就農する予定の者

給付額
月額 20,000円 (2年間)
※農業次世代人材投資事業補助金との二重給付はできません。

≪活用パターン≫
新規学卒 ~ 親元就農または農業生産法人で研修
Uターン ~ 親元就農または農業生産法人で研修
娘婿就農 ~ 妻の親元で就農または農業生産法人で研修
労働契約 ~ 個人農家または農業生産法人で労働契約締結
夫婦研修 ~ 夫婦で親元または農業生産法人で研修(2名対象)
【その他対象になる場合がありますのでご相談ください】
 

新規就農型

経営開始初期の収入が不安定な時期をサポートし、経営を担う人材となった農業者に対して給付金を給付する。

給付要件
・町内在住または予定している者
・自ら経営を担うまたは法人構成員

給付額
月額 40,000円 (3年間)
※農業次世代人材投資事業給付金との二重給付はできません。
※農業研修型受給後に移行することも可能です。

≪活用パターン≫
親から経営移譲 ~ 親から経営移譲される
法人の構成員 ~ 農業生産法人の構成員となる
娘婿へ経営移譲 ~ 妻の親から経営移譲される
新規参入で経営 ~ 45歳以上で新規に経営開始
家族経営協定締結 ~ 経営者との間で家族経営協定締結
【その他対象になる場合がありますのでご相談ください】
 


新規就農者支援住宅について

南幌町への新規就農を促進し、担い手の確保と本町農業の持続的、安定的な発展を図ることを目的に、新たに町内で農業を開始する者及び町内で農業研修を受ける者等の住宅を確保する。

入居資格
・農業生産法人を含む先進農家で農業研修を受けようとする者又は既に農業研修を受けている者
・新たに農業を始めようとする者又は農業生産法人等で農業に従事している者で住宅に困窮している者
・既に農業を営んでいる者又は農業生産法人等で農業に従事している者で住宅に困窮している者

入居期間
原則として最長2年間とする。ただし町長が必要と認めた場合はこの限りではない。
 

所在地 住宅番号 1戸当り面積 戸数 構造 状況
栄町 4-1 50.07 コンクリートブロック造 入居済み
栄町 4-2 50.07 コンクリートブロック造 入居済み
栄町 5-1 67.48 コンクリートブロック造 入居済み
栄町 5-2 67.48 コンクリートブロック造 空室
 家賃
・4-1、4-2については月額12,000円
・5-1、5-2については月額17,000円