地域新エネルギーの推進に向けて

地域新エネルギーの取組み

第5期総合計画で町の将来像を「緑豊かな田園文化のまちづくり」とし、その中において資源循環型ライフサイクルを育む環境づくりを掲げ、環境保全型の資源活用等による持続可能な仕組みづくりを進めています。

地域新エネルギービジョン

今まで利用していないエネルギーについて、町内における各分野への導入・利用を目指し、本町のエネルギーの多様化を図り、地域環境の保全と循環型社会の実現を図ることを目的に、南幌町地域新エネルギービジョンを策定しました。
農業振興プロジェクト、環境エネルギープロジェクト、普及啓発プロジェクトの3つを重点プロジェクトとして設定し、稲わら・籾殻など地域に豊富に賦存する農業系バイオマスを利活用した新エネルギーを農業施設、公共施設、民間企業、一般家庭などへ導入を進め、エネルギーの地域内循環と産業振興を図ることとしました。

地域新エネルギービジョン(重点テーマに係る詳細ビジョン)

地域新エネルギービジョンに基づき、稲わら・籾殻などを利用したエネルギー導入に向け検討しましたが、バイオマス燃料供給の仕組み、バイオマス燃料の生産を支える需要先の確保などが課題として提起されました。
地域における稲わらなどを利活用した燃料製造の事業化を進めるにあたり、事業の立ち上げに必要な事業形態や需要先となる施設などを検討し、バイオマス燃料を導入する場合の経済性や地域循環型社会づくりへの有効性を明らかにし、町民への意識づけと理解を得ることにより、自然との調和と環境保全、地域連携のもとで地域資源を活かした新エネルギー導入の事業化による町の振興と活性化を図ることを目的とし、重点テーマに係る詳細ビジョンを策定しました。

その他の取り組み

ペレットストーブの設置

新エネルギーの取り組みとして、2008年度(平成20年度)より町内の公共施設の一部にペレットストーブを試験的に導入しています。
燃料のペレットは、町内で木質教材を製造する企業が製造工程で発生する破材を活用し製造している木質ペレットを使用しています。

役場庁舎

役場庁舎