パブリック・コメント制度を導入する目的、制定する理由、手続(概要)

制度の目的

1.町が意思決定する際の政策等の案の公表と説明を行い、「行政運営の公正の確保と透明性の向上を図り、町民との協働による開かれた町政」を目指します。
2.町民意見を広く求める「町民参加の推進(機会の確保)」が目的です。

制定する理由

 これまでに実施してきた行政懇談会などの開催状況を見ると、「町に意見を言う機会」や「町民の声の町政への反映度」については、町民の皆さんから重要度が高く認識されてはいるものの、満足度でいうと、まだまだ十分には得られていないという状況にあります。
また、南幌町は、第4期総合計画や行財政改革行動計画(アクションプラン)などにおいて、町民ニーズを基本としつつ、行政の役割や町民の役割、そして町民と行政が共に担う役割を見つめ直し、町民との合意形成を得るために、「町民と行政の協働(パートナーシップ)」を踏まえた取組みを進めています。
こうした状況の中、町民の生活に大きな影響を与える重要な政策等の立案、選択、実施には、多くの町民の皆さんの声を聴き、町民と行政が互いに、その目的や手法について共通する認識を持つことが必要です。
そのため、政策等情報の公表、町民が意見を述べる機会の確保、町政への反映を含めた町民参加を促進するため、「町民意見提出(パブリック・コメント)制度」を制定するものです。

手続

要綱には、次のとおりパブリック・コメントの「(1)対象となる政策等 (2)公表方法等 (3)意見等の提出期間・方法 (4)意思決定に当たっての意見等の取扱い」等を規定することになります。 
 

対象となる政策等

1.総合計画等町の基本的政策を定める計画、個別行政分野において広く町民生活に影響を与える政策等の
基本方針等を定める計画の策定又は改定
2.町の基本的な制度及び方向性を定める条例等の制定又は改廃
3.広く町民等に義務を課し、又は権利を制限することを内容とする条例、規則等(金銭徴収に関するもの
を除く。)
4.広く町民の公共の用に供される施設の整備に係る基本的な計画の策定又は重要な変更
5.その他制定又は改廃しようとする制度等の趣旨、町民生活への影響等を勘案して、手続きの実施を適当
とするもの

公表方法等

政策等の策定の意思決定前に、その案を町広報紙や、情報コーナー【役場庁舎1階、保健福祉総合
センター(あいくる)1階、夕張太ふれあい館】、町ホームページ、担当所管課窓口などの閲覧により
公表します。
※特に重要な案件は、構想や検討の段階でこの要綱に準じた手続を行うように努めます。

意見等の提出期間・方法

担当所管課への書面の提出、郵送、ファクシミリ、電子メール、その他の方法での意見の提出を、
公表の日から原則として20日以上受け付けます。
意見等の提出者  「町民等」であり、次の方が該当になります。

(1)町内に住所を有する者
(2)町内に事務所又は事業所を有する個人、法人その他の団体
(3)町内に存する事務所又は事業所に勤務する者
(4)町内に存する学校に在学する者
(5)本町に対して納税義務を有する個人及び法人
(6)その他、手続きの対象となる事案に利害関係を有する個人、法人その他の団体

意思決定に当たっての意見等の取扱い

1.町民等の意見を考慮して、政策等の策定の意思決定を行います。
2.提出された意見の概要(要旨)、意見に対する町の考え方(政策等の案を修正したときはその修正内容)を意思決定時に公表します。