印鑑登録と廃止の届出

印鑑登録は本町に住民登録をしている方、または、外国人登録法によって登録している方が、1人1個に限り、本人自身の意思に基づき登録できるものです。


◆登録と廃止の手続き

 
こんなとき 申請者 届出に必要なもの
印鑑登録
(印鑑変更)
本人

疾病などやむを得ないときを除いて本人申請が原則です
◆登録しようとする印鑑(変更のときは登録してある印鑑)
◆申請者が本人であることを証するもの(ないときは、即日登録ができません)
・官公庁が発行した、写真を貼付してある身分証明書
・運転免許証
・本人であることを保証した証明証(本町に印鑑登録している方が、登録印を押印したもの)
・その他、保険証、預金通帳など2点以上(このときは、受付時に口頭による本人確認をさせていただきます。)
・未成年の方が印鑑登録をする場合、保護者の同意が必要です。
代理人

疾病、長期出張などやむを得ない事由があるときに限られ、本人への登録の意思確認は、本人宛照会文書を郵送します
(代理人によるときは郵送照会のため日数がかかります)
【仮申請】
◆登録する印鑑
◆代理人の認め印
◆委任の旨を証する書面
・代理人選任届(様式は係に)
◆代理申請の理由書(様式は係に)
・医師の診断書、会社の出張証明書

【本申請】
◆郵送による照会文書の回答書・登録する印鑑
◆代理人の認め印
◆印鑑登録証(カード)受け取りのための代理人選任届・理由書
登録の廃止 本 人 ◆印鑑登録証(カード)
◆申請者の登録印(ないときは認め印)
代理人 ◆印鑑登録証(カード)
◆登録印(ないときは認め印)
◆代理人の認め印
◆代理人選任届(様式は係に)