戸籍と届出

平成20年5月1日から、戸籍法・住民基本台帳法の改正に伴い、戸籍の届出の際に本人確認が厳格になりました。
これは、虚偽の届出を防止するために義務づけられたものです。みなさんのご協力をお願いいたします。

戸籍、住民異動の届出や証明等請求の本人確認について

詳細は法務省ホームページをご覧ください。

本人確認を行う届出

婚姻届・離婚届・養子縁組届・養子離縁届・認知届

本人確認のための提示物

1点の提示で良いもの

本人の顔写真が貼付された官公署発行の免許証・許可証・資格証明書
(自動車運転免許証・旅券(パスポート)・住民基本台帳カード・外国人登録証明書・身体障害者手帳・療育手帳など)

2点以上の提示が必要なもの

健康保険被保険者証・各種医療費受給者証・生活保護受給者証・各種年金手帳・年金証書・住民基本台帳カード(写真なし)など、本人の氏名が明記されているもの。

種別 届出期間 届出地 届出義務者
届出人
添付書類 届出の際
持参するもの
出生届 生まれた日から14日以内 ・本籍地
・届出人の住所地
・出生地
父、母、同居者または出産に立ち会った医師等 出生証明書 印鑑・母子手帳・国民健康保険被保険者証(加入者のみ)
死亡届 死亡の事実を知った日から7日以内 ・死亡者の本籍地
・死亡地または届出人の住所地
同居の親族、同居していない親族、同居人、家主、地主、家屋もしくは土地の管理人の順 死亡診断書または死体検案書 印鑑・国民健康保険被保険者証(加入者のみ)
婚姻届 届出によって効力が生ずる ・夫もしくは妻の本籍地または住所地 夫及び妻
成人者2人以上の証人
夫または妻が未成年であるときは父母の同意書、戸籍謄本(本籍地以外の市区町村に届出する場合) 国民健康保険被保険証(加入者のみ)
離婚届 (協議)
届出によって効力が生ずる
・夫婦の本籍地または住所地 夫及び妻
成人者2人以上の証人
本籍地以外の市区町村に届出する場合は、夫婦の戸籍謄本 届出人双方の印鑑
(裁判)
裁判確定の日から10日以内
・夫婦の本籍地または住所地 訴えの提起者(訴えの提起者が期間内に届出をしないときは、訴えの相手方からの届出可能) 裁判所の謄本及び確定証明書、調停調書 届出人の印鑑
転籍届 届出によって効力が生ずる ・本籍地
・届出人の住所地または転籍地
筆頭者及び配偶者 他市区町村に移動する場合は戸籍謄本 届出人双方の印鑑