火災を防ごう

住宅防火 いのちを守る 7つのポイント (3つの習慣・4つの対策)

火災を予防

3つの習慣

寝たばこは、絶対やめる。
住宅火災の出火原因別死者数は、タバコによるものがかなりの数になります。
タバコによる火災をなくしましょう。

寝タバコ

タバコで注意すること

  • 灰皿は、ふちが大きく深めのものを使用し、水をいれておきましょう。
  • 吸殻は、くずかごに捨てないようにしましょう。

ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。

ストーブ

ガスこんろなどのそばを離れる時は、必ず火を消す。

火災イメージ
火災イメージ

4つの対策

逃げ遅れを防ぐために、住宅用防災警報器を設置する。

防災報知器設置場所イメージ
防災報知器設置場所イメージ

寝具や衣類からの火災を防ぐために、防炎製品を使用する。

防炎

火災を小さなうちに消すために、住宅用消火器などを設置する。

防災イメージ
防災イメージ

お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

協力

焚き火、ゴミ焼きによる火災を防ごう!

焚き火やゴミ焼きからの飛び火、タバコのポイ捨てによる火災が発生しています。特に春と秋は空気が乾燥しやすいため火災が発生しやすい状況となっており、いったん火災が発生すると南幌特有の強い風に煽られ、延焼拡大する恐れがあります。マナーを守り、むやみに焚き火は行わないようにしましょう。

焚き火、防災イメージ
焚き火、防災イメージ

焚き火等で注意すること
・ ゴミ焼きは法律で禁止されています。
・ 焚き火、キャンプファイヤーなどを行う場合は、その場を離れず、水バケツ等 の消火用具を用意しましょう。又、風の強い日にはやらないで下さい。

暖房機器からの火災を防ごう!

火災は、冬季から春季にかけて多く発生しています。これは、暖房機器など火気を使用する機会が多くなるためです。暖房機器は使い方を誤ると火災や事故に繋がります。使用するときは次のことに気をつけましょう。

使用前に点検、整備をする。

・シーズン前に暖房機器の点検、整備を行い、異常のないことを確かめましょう。

給油するときは火を消してから行う。
・火を付けたまま給油すると灯油に引火する場合があります。必ず火を消しましょう。また、間違えてガソリンを入れることのないよう注意しましょう。

近くに燃えやすいものを置かない。
・洗濯物やカーテンなどは燃えやすいため、落下や接触により火が燃え移る場合があります。スプレー缶等は熱で中身が膨張、破裂し、漏れたガスに引火することがあります。

外出、就寝のときは消火する。
・外出で家を空けるときや就寝するときは暖房機器は消すことを習慣づけ、タイマーや安全装置に頼りすぎるのはやめましょう。