消火器の使い方

消火器は、身近に見る機会も多いため、みなさんにとってなじみの深いものですが、実際に使ったことのある人は少ないと思います。
火災が発生してしまったら気が動転して使い方がわからないということがないように、簡単な消火器の使い方をマスターしましょう。



1.黄色の安全ピンを上に引き抜く
    必ず火元まで運んでから、安全ピンを上に抜きましょう。先に安全ピンを抜いてしまうと運ぶ途中で薬剤が出てしまう恐れがあります。

<!--$alt-->



2.ホースをはずして火元にむける
      ホースの先端を握って外すと簡単に外れます。
先端にキャップの付いているものがありますが圧力で外れますので取る必要はありません。

<!--$alt-->



3.レバーを強く握り噴射する
     レバーが固い時は、消火器を下に置き、上から体重をかけると操作できます。

<!--$alt-->


注意事項
1 風上から使用すること。
2 熱や炎を避けるように構えること。
3 火元にノズルを向け、火の根元を掃くように左右に振ること。
4 薬剤は人体に害はありませんが、人に向けて放射しないでください。
5 容器の破損等により人身事故発生のおそれがありますので、容器が変形したり、サビのひどいものは使用しないで下さい。 

消火器を置く場所


誰もが見やすく、使いやすい所に置きましょう。
消火器の寿命は、その保管場所によって大きく変わります。湿気の多い場所や日の当たる所を避け、転倒しないような工夫をしておきましょう。

<!--$alt-->

日常の点検

・安全ピンはついていますか?
・キャップはゆるんでいませんか?
・容器にサビや変形などはありませんか?
・ホースに詰まりやひび割れはありませんか?
・圧力ゲージのついているものは、圧力を示す  針が規定値内(緑色の範囲)にありますか?

<!--$alt-->

せっかく備えた消火器も、サビや損傷などの異常が生じると”いざ”という時に使えなかったり、本体が破裂して思わぬ怪我をすることがあります。
日頃から、上記チェックポイントを参考に消火器を点検し、異常を発見した場合は絶対に使用しないでください。
異常が認められた消火器や不要になった消火器の点検や処分については、購入したお店又は消火器メーカーなどにお問い合わせください。

※ 南幌町の清掃事業では、不要になった消火器の回収は行っていません。