住宅用防災警報器

住宅用防災警報器の設置が義務付けられています!

法律等で全ての住宅に住宅用防災警報器の設置が義務付けられています。設置していない住宅、必要な場所に設置していない住宅は必ず設置して下さい。
住宅用防災警報器を設置していたおかげで、火災にならずに済んだ事例がたくさんありますので新旧取替購入など継続して設置されますようお願い致します。

住宅用防災警報器の設置場所について

住宅用防災警報器の基本的な取付け場所は少なくとも寝室が2階などの場合は階段にも設置が必要とされています。
取付け位置は原則として天井に設置(条件を満たせば壁でも可)、階段も同様に取付けます。
まず寝室として使用する部屋避難経路となる廊下や階段に設置し、必要に応じて他の部屋にも設置するとさらに安心です。

機能していますか?

住宅用防災警報器はつけて10年が交換時期です。あなたの家の住宅用防災警報器は大丈夫ですか?部品が壊れたり電池切れたりして正確に作動しなくなるので10年たったら取替時期です。
何年につけたか解らない方は住宅用防災警報器本体に製造年が書かれています。住宅用防災警報器は24時間365日休みなく、あなたとあなたの家の防火を見守っています。古くて故障していたら、いざという時、危険をお知らせできないので定期的に作動確認をしてください。

悪質な訪問販売(不適正な価格・無理強い販売など)にご注意

住宅用防災警報器等の設置義務化を契機として不適正な価格(市場価格を超える高額な価格)による販売を行う業者にご注意下さい。(クーリングオフの対象です。)国の技術基準に適合しない住宅用防災警報器等は購入しないようにしましょう。