第15区女性防火クラブ活動状況

南幌町第15区女性防火クラブ

家庭で一番火を使うことの多い主婦を中心に、家庭内からの火災を防止する為、消火器の使い方、緊急時の応急手当、通報方法、避難等の行動知識を習得し、平和な家庭、火災のない住みよい明るい町内会づくりを目指す、南幌町第15区町内会在住の女性で構成されている組織です。
平成4年3月に南幌町第15区婦人防火クラブとして発足し、平成31年4月1日現在151名のクラブ会員で活動しています。結成してから26年間、第15区内からの火災は1件もありません。
又、女性の自立、地位向上、社会参画を目的に、平成14年4月から南幌町第15区女性防火クラブに名称変更しました。

婦人防火クラブ発足以来、私たちが行ってきた様々な事業や研修の一部を紹介します。

平成31年4月
春の火災予防運動の一環として、Aコープ南幌店駐車場にて南幌消防団と
「防火鉢花」を配布し、防火PRを実施しました。

令和元年5月
第15区町内会と合同で「中央寿の家」の
避難訓練と合わせて防火学習会を実施しました。

平成30年9月
防火・防災の知識高揚を図るため視察研修会を実施
(札幌市民防災センター)

令和元年10月
「防火トイレットペーパー」を配布し防火PR

平成30年12月
年末年始の無火災を呼び掛ける

平成25年9月4日、南幌町第15区女性防火クラブが(財)自治総合センターが行う地域防災組織育成助成事業で模擬消火訓練装置セット・消火訓練用放射器具を購入しました。女性防火クラブでは備品を有効活用することで、防災知識の向上と地域住民の防火意識の高揚が期待され、より効果的な予防活動を展開していきたいと喜んでいます。
この事業は、宝くじの助成金により女性防火クラブなど、おもに家庭における初期消火活動及び防火思想の高揚等に必要となる資器材等の整備を推進するとともに、「宝くじ」の社会貢献広報を目的として行われているものです。

平成24年7月7日、長沼町で開催された南空知消防組合消防演習において、南空知消防組合管理者より第15区女性防火クラブへ感謝状が贈呈されました。
同クラブは家庭における火災予防の推進と防火思想の普及徹底を目的に設立から20年間の長きにわたり地域防火啓発活動に尽力され、その功績が評価されました。

平成23年11月5日南幌町第15区女性防火クラブ20周年記念式典を開催
南幌町第15区女性防火クラブは平成4年3月の発足より20周年の節目を迎え記念式典を開催しました。当日は町長、区長を始め多数の会員が参加し式典が行われ記念誌も発行されました。

平成22年12月9日「宝くじ」助成事業により消防ポンプを購入
南幌町第15区女性防火クラブが(財)日本消防協会が行う「女性消防隊による安全で災害に強い地域づくり推進事業」で軽可搬ポンプなどを購入しました。女性防火クラブでは備品を有効活用することで、防災知識の向上と地域住民の防火意識の高揚が期待され、より効果的な予防活動を展開していきたいと喜んでいます。この事業は(財)自治総合センターからの助成金で行っている事業で、女性消防隊や女性防火クラブの育成強化を図り、安全で災害に強い地域づくりを推進するとともに、「宝くじ」の普及広報を目的として行なわれているものです。