ひとり親家庭等医療費の助成

平成28年4月診療分から小学校6年生までの入院・通院に係る医療費を
全額助成しています。

概要

ひとり親家庭等の医療費助成制度は、ひとり親家庭、父母ともいない家庭、両親のいずれかに障がいのある家庭の親と子を受給者とし、受給者の保険診療に係る医療費の自己負担分のうち一部を助成することにより、ひとり親家庭等の保健の向上と福祉の増進を図ることを目的とした制度です。

対象者

健康保険に加入している方で、次のいずれかに該当する児童(18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある者(中程度以上の障がいを有する場合、または高等学校等に在学中の場合は20歳未満まで))とその児童を監護する母、父または当該父母以外の者で当該児童を養育する養育者

  • 父母が離婚
  • 父または母が死亡
  • 父または母が生死不明
  • 父または母に1年以上遺棄されている
  • 父または母が法令により1年以上拘禁されている
  • 婚姻によらないで生まれ、父または母に養育されていない
  • 父または母に重度の障がいがある

所得制限

ひとり親家庭等医療費の助成を受けるには次の所得制限があります。(父母のみ適用)

扶養親族等の数 所得額
0人 2.360.000 円
1人 2.740.000 円
2人 3.120.000 円
3人 3.500.000 円
4人 3.880.000 円
5人 4.260.000 円

(注)表中の扶養親族等の数が5人を超えるときは、その超える者1人につき38万円を加算した額とする

資格発生日

ひとり親家庭等になった日、または申請した日の属する月の初日

手続きに必要なもの

役場担当窓口に次のものを持参のうえ手続きを行ってください。

  • 健康保険証
  • 印鑑(シャチハタ以外のもの)
  • 戸籍謄本(受給対象者全員分)
  • 転入された方は前住所地の所得証明書
  • 対象者の個人番号カード
  • 届出人の本人確認書類(免許証等)

申請用紙ダウンロードは下記をご覧下さい。

助成医療費の範囲

保険診療(外来・入院)の自己負担額から下記の一部負担金を控除した額。
小学校6年生までは保険診療分(食事療養費標準負担額は除く)を全額助成。
室料差額、健康保険の使えない治療など保険給付対象外の費用は除きます。

一部負担金

対象者 診療科目 一部負担金
子(小学校6年生まで) 入院・外来 保険診療分(食事療養費標準負担額は除く)を
全額助成
子(中学生以上) 非課税世帯:初診時一部負担金(医科580円、
歯科510円、柔道整復270円)
課税世帯:医療費の1割相当額(月額57,600円
が上限、外来の場合18,000円)
母または父    入院及び
指定訪問看護

助成方法

外来・入院とも医療機関の窓口で上記の一部負担金を負担。
小学校6年生までは保険診療分(食事療養費標準負担額は除く)の支払いはありません。
ただし、北海道外では受給者証が利用できませんので、窓口で保険診療の自己負担額を支払った後、払戻しの申請が必要です。

支払った医療費の申請方法

保険診療による医療費の自己負担分を支払った場合は、次の申請に必要なものを持参のうえ、役場担当窓口で申請手続きをしてください。後日、振込みにて医療費を返金します。
 ◎治療用の装具を作った場合は、装具の領収書・支給決定通知書(医療保険者で発行)を添付して申請し
  てください。

◆申請に必要なもの

  • 受給者証
  • 対象者の個人番号カード
  • 印鑑(シャチハタ以外のもの)
  • 預金通帳など振込先のわかるもの
  • 届出人の本人確認書類(免許証等)
  • 領収書原本(受診者氏名、診療および領収年月日、保険点数、自己負担額の記載されたもの)

その他の届け出

次のようなときは、すみやかに届け出をしてください。

  • 加入している健康保険が変わったとき・・・健康保険証を添付
  • 南幌町から転出するとき・・・受給者証の返還
  • 南幌町内で住所が変わったとき
  • 氏名が変わったとき
  • 死亡したとき・・・受給者証の返還
  • 生活保護を受けるようになったとき・・・受給者証の返還
  • 受給者証を紛失・破損して再発行を受けたいとき
※印鑑・対象者の個人番号カード・届出人の本人確認書類(免許証等)はすべての届け出に必要となります。