高齢者医療 04 後期高齢者医療制度の被保険者

被保険者

後期高齢者医療制度の被保険者となるのは次の方です。
 北海道内に住む75歳以上の方(全員加入)
 北海道内に住む65歳以上の方で一定の障がい(※)があり、申請により広域連合の認定を受けた方(任意加入)

これまで国民健康保険などの医療保険の被保険者だった方はもちろん、会社の健康保険や共済組合等の被扶養者だった方も、それぞれの保険から脱退して後期高齢者医療制度の被保険者となります。
なお、生活保護受給中の方は対象外です。
(※)一定の障がいの認定基準

被保険者となる日

後期高齢者医療制度の被保険者となるのは以下のときです。

  • 75歳の誕生日から
  • 65歳以上の方で一定の障がいがあり、申請により広域連合の認定を受けた日から

65歳から74歳で一定の障がいのある方の加入について

65歳から74歳で一定の障がいのある方は、後期高齢者医療制度への加入を選択することができます。
後期高齢者医療制度に加入した後も、75歳になるまでは届け出により、いつでも後期高齢者医療制度から脱退し、他の医療保険に加入することもできます。
また、後期高齢者医療制度から脱退した後も、本人の申請により広域連合の認定を受けると、あらためて後期高齢者医療制度の被保険者になることができます。
ただし、「重度心身医療受給者証」をお持ちの方が引き続き医療費助成制度の適用を受けるには、後期高齢者医療制度に加入することが条件となります。

(注)他の医療保険に加入するための資格要件・手続き等はそれぞれの医療保険によって異なります。加入を予定している医療保険の窓口で事前に手続き等を確認してください。

こんなときは届け出が必要です