高齢者医療 03 制度運営のしくみ

概要

後期高齢者の医療にかかる費用のうち、被保険者が医療機関で支払う窓口負担を除いた分を公費(国:都道府県:市町村=4:1:1)が約5割を負担し、現役世代からの支援(若年者の保険料)が約4割を負担し、残りの約1割を被保険者に納めていただく保険料で負担します。