高齢者医療 01 後期高齢者医療制度とは

制度概要

この制度は、今後ますます高齢化が進み医療費の増大が予想されるため、若い世代と高齢者の負担を明確にして、公平でわかりやすくするために、平成20年4月から始まりました。
対象者は75歳以上(一定の障がいがあり、申請により認定を受けた場合は65歳以上)の方です。
若い世代が高齢者を支えるとともに、高齢者も保険料と医療費の一部を負担することで、国民皆保険を引き継いでいく支えあいの仕組みです。

制度の運営

都道府県単位ですべての市町村が加入する後期高齢者医療広域連合が制度を運営します。
南幌町は北海道後期高齢者医療広域連合(以下「広域連合」)に加入しています。
広域連合が保険料の決定や医療の給付を行い、南幌町は被保険者証の引き渡し窓口業務(申請・届出の受付等)や保険料の徴収などを行います。

被保険者(対象となる方)

  • 75歳以上の人(75歳の誕生日から全員、後期高齢者医療制度に加入します。)
  • 65歳以上75歳未満で一定の障がいがあり申請により広域連合の認定を受けた人(申請をし認定を受けた日から)
    一定の障がいの詳細は、広域連合ホームページをご覧ください。

医療機関等の窓口での一部負担金

一般の人は1割。現役並み所得者は3割です。

医療給付

入院時食事療養費、入院時生活療養費、療養費、高額療養費、葬祭費や高額介護合算療養費などが支給されます。

保険料

一人ひとり保険料を負担します。原則として保険料は年金からの天引きになります。
現在加入されている医療保険(国民健康保険・被用者保険)の保険料に代わって、後期高齢者医療保険料を納めていただくことになります。現在の保険と二重に保険料がかかることはありません。
今まで自分で保険料を支払っていなかった社会保険の被扶養者の方も新たに保険料を納めることになります。(保険料の軽減措置があります。)