支援 自立支援医療

自立支援医療には更生医療、育成医療、精神通院医療の給付があります。
利用する場合は、事前に申請し認定されることが必要です。
認定された方には、「自立支援医療受給者証」が交付されますので指定医療機関に提示してください。
利用者負担が原則1割になります。
ただし、所得に応じ利用者負担上限額を決定します(町民税所得割が一定額以上の方は対象外となります)。

更生医療

身体障害者手帳を所持している18歳以上の方が手術などの治療により障がいの軽減又は除去される見込みがある場合に、医療費が助成されます。

育成医療

18歳未満の児童で、体に障がいや病気があり、将来に障がいが残ると認められる場合、手術などの治療により確実に治療効果を期待できる場合に医療費が助成されます。

精神通院医療

精神疾患の治療に必要と認められる医療が対象で、通院の場合、医療費の自己負担が原則1割になります。
※所得に応じ上限額が認定されます。
有効期間は1年で有効期間の3か月前から再認定手続きができます。