認知症高齢者等見守り(GPS貸与)

 認知症は誰にでも起こりうる脳の病気で、高齢化に伴って増加しており、2025年には高齢者(65歳以上)の4人に1人が起こるといわれています。
 高齢化が進む今、認知症により帰宅が困難になったり、行方不明になってしまう方が増えています。
 町では、そのような方々の早期発見と安全確保のため、GPS端末機を貸与し、認知症高齢者等とその家族の安心な生活を支援します。

利用方法

対象者

町内に居住し、徘徊行動のみられる(または、恐れのある)認知症高齢者等
※南幌町認知症高齢者等SOSネットワークの登録をしていただきます。

利用者負担


端末機の貸与に係る初期登録料、利用に係る通信費用は、無料です。
 

ただし、下記の費用については利用者自己負担となります。
 ・端末機に使用するバッテリーの交換に係る費用
 ・端末機の破損修理費及び紛失した場合の端末機代金

 

申請方法

あいくる(保健福祉課 高齢者包括グループ)の窓口で、ご家族等から申請を受け付けします。

~申請書の記入には、以下のものが必要です~
  • 申請者の印鑑
  • 申請者の本人確認ができるもの(運転免許証、保険証など)
  • GPS端末機をお持ちになる高齢者の顔写真・全身写真(できるだけ直近のもの)

■申請書を書いて頂き、その場で端末の登録を行いますので、メールの確認ができる携帯電話等の機器をお持ちください。

関連ページ