認知症の基礎知識

認知症とは

 認知症は脳の病気であり、単なるもの忘れとは異なります

 認知症とは、脳に起きた何らかの障害によって、いったん獲得された知的機能(記憶する、時・場所・人などを認識する、計算するなど)が低下し、日常生活を送ることが困難になる病気です。
 たとえば「人の名前が思い出せない」のは単なるもの忘れで、脳の自然な老化現象ですが、認知症の場合は、家族と自分との関係そのものがわからなくなるなど、周囲の状況を把握したり判断したりする力が低下していくのが特徴です。

 認知症の主な原因疾患

 認知症を引き起こす主な疾患として、アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症などがあります。
 また、正常圧水頭症、脳腫瘍、慢性硬膜下血腫、甲状腺ホルモン異常などの疾患が原因で認知症のような症状が出ることがありますが、早期に治療することにより治る場合があります。

認知症の主な原因疾患
疾患名 特徴
アルツハイマー型認知症 認知症の原因の約半数を占めている。脳組織にβアミロイドという蛋白質のゴミ、続いてタウ蛋白が神経細胞内に蓄積し、神経細胞のネットワークが壊れると発症する。軽度では記憶低下、失語、料理ができないなど、中等度では時間や場所の見当がつかない、失行(道具が使えない)など、高度になると失認(親しい人の顔を認識できない)、失禁、寝たきり状態、嚥下障害、褥瘡などが見られるようになる。
脳血管性認知症 脳卒中(脳梗塞、脳出血)やくも膜下出血等のために、脳血管が詰まって酸素や栄養が届かなくなり、その部分の神経細胞が死んで、麻痺や運動障害が起こったり、言葉がうまく話せなくなったりする。
レビー小体型認知症 レビー小体という異状物質が脳組織に沈着することにより、パーキンソン症状や幻視体験、そして認知症が見られる。
前頭側頭型認知症 ピック病ともいわれ、前頭葉と側頭葉に限局して脳が委縮していくことにより、人格変化が起こり、「わが道を行く」行動をとる。

認知症の症状
 脳の細胞が壊れることによって直接起こる症状を「中核症状」と呼びます。
   主な症状として、

  • 記憶障害(経験したこと自体を忘れる、目の前の人が誰なのかわからない、数分前の記憶が残らない)
  • 見当識障害(現在の時間や季節、自分がいる場所等がわからなくなる)
  • 理解・判断力の障害
  • 実行機能障害(計画を立てて、段取りすることができなくなる)

 また、中核症状がもとになって、本人の性格や環境、人間関係などの要因が絡み合って、精神症状や日常生活における行動上の問題(不安・焦燥、うつ状態、幻覚・妄想、徘徊、興奮・暴力、不潔行為、せん妄等)が起きてくることがあり、「行動・心理症状(BPSD)」と呼ばれます。

認知症の症状

認知症のサインを見逃さないでください

「あれ? ちょっと変だな」は大事なサインです
 認知症の症状は、日常生活上のちょっとした変化に現れることが多いものです。周囲の人が気付いたときには、病状が思った以上に進行していることが少なくありません「ちょっと変だな」というサインを見逃さず、以下のような行動がみられたら認知症を疑いましょう。

初期にはこんなサインが・・・

  • 身なりを気にしなくなった。
  • 今まで好きだったことへの興味や関心がなくなった。
  • 以前よりもひどく怒りっぽくなった。
  • 外出や人と会うことをおっくうがる。
  • ガスの火を消し忘れる。
  • ものの名前が出てこなくなった。

さらに進行すると・・・

  • 今までできていた家事や作業ができなくなった。
  • 買い物などのお金の間違いが多くなった。
  • 同じことを何度もたずねる。
  • 最近のできごとを忘れてしまう。
  • ドラマなどの内容が理解できない。
  • 慣れている場所で道に迷った。
  • 時間や日付、自分の居場所がわからなくなった。
  • 「財布が盗まれた」と言って騒ぐ。

周囲の人のこんな思い込みが、認知症を進行させてしまいます

  • 「年だから、この程度のことはよくあることだ」
  • 「あんなにしっかりした人が、認知症になるわけがない」
  • 「あの時は、たまたま体調が悪かっただけだ」
  →早期発見・治療のチャンスを逃し、認知症が進行する原因になります。

認知症にならないために、日頃から気をつけたいこと

 生活習慣(食事や運動)の見直しや、脳を積極的に使うこと(脳の活性化)が認知症予防によいとされています。生活習慣病(高血圧、糖尿病や高脂血症など)がある方は、症状を悪化させず、健康を保つことが大切です。

有酸素運動を生活にとりいれましょう

 有酸素運動(ウォーキングや体操)は脳の血流を活発にし、足腰を鍛えることで、寝たきりの原因である転倒予防にもつながります。楽しく続けられる自分にあった運動を見つけましょう。

脳血管障害のリスクを減らしましょう

 脳血管障害の多くは高血圧症や糖尿病、心疾患などの生活習慣病が原因で起こるため運動不足、肥満、塩分のとりすぎに注意し、バランスの良い食事を心がけましょう。

積極的に「脳」を使う習慣をつけましょう

 計画を立てたり思考力を養いましょう。(旅行の計画、料理、囲碁・将棋など)友だちとのおしゃべりも脳を活性させます。また、家庭や地域で役割を持ちましょう。

早めに相談することが何より大切です

認知症についての悩みや不安がある場合は、本人や家族だけで抱え込まず、かかりつけ医をはじめ、地域包括センターなどに早めに相談しましょう。

地域包括センター

 高齢者の福祉・医療・介護全般の相談窓口です。

かかりつけ医

 日頃から診察を受けている医師(かかりつけ医)に相談してみましょう。
 本人のみならず、家族が相談することも可能です。

認知症疾患医療センター

 国の基準に基づき、認知症疾患に関する鑑別診断、周辺症状と身体合併症に対する急性期治療、専門医療相談をお受けする医療機関です。

認知症の人と接するときに大切なこと

【基本姿勢】
 対応の心得 3つのない

  1. 驚かせない
  2. 急がせない
  3. 自尊心を傷つけない

具体的な対応 7つのポイント

  • まずは見守る
  認知症と思われる人に気づいたら、本人や他の人に気づかれないように、一定の距離を保ち、
   さりげなく様子を見守ります。
  • 余裕をもって対応する
  こちらが困惑や焦りを感じていると、相手にも伝わって動揺させてしまいます。自然な笑顔で
   応じましょう。
  • 声をかけるときは一人で
   複数で取り囲むと恐怖心をあおりやすいので、できるだけ一人で声をかけます。
  • 後ろから声をかけない
   一定の距離で相手の視野に入ったところで声をかけます。唐突の声掛けは禁物。
  • 相手の目線に合わせてやさしい口調で
   小柄な方の場合、体を低くして目線を同じ高さにして対応します。
  • おだやかに、はっきりした話し方で  
   高齢者は耳が聞こえにくい人が多いので、ゆっくり、はっきりと話すように心がけます。
    早口、大声、甲高い声でまくしたてないこと。
  • 相手の言葉に耳を傾けてゆっくり対応する
   認知症の人は急がされるのが苦手です。同時に複数の問いに答えることも苦手です。相手の
    反応を伺いながら会話をしましょう。たどたどしい言葉でも、相手の言葉を使って推測・確認
    していきます。

周囲の関わり方が鍵になります

感情や心身の力、その人らしさは残っています

 認知症が進行すると、日常生活動作が困難になったり、言葉で自分の意思を表すことができなくなったりするため、「認知症の人は何もわからない、できない」と思いがちですが、それは間違いです。認知症であっても、適切な関わりによって心身の力が引き出されること、感情やその人らしさは終末期まで豊かに残っていることが明らかになっています。
 認知症の人が安心して、その人らしい生き方を全うできるためには、家族や地域の人の理解と支援が必要です。

「問題行動」の多くは、関わり方によって軽減します

 認知症によって起こる記憶障害や見当識障害(時間や場所、人などがわからなくなること)などは認知症の中核的な症状であり、それ自体をなくすことはできません。しかし、「問題行動」といわれる行動・心理症状(徘徊や暴力行為など)は、不安や焦燥感が引き金となって起こりやすくなります。関わり方や環境が本人にとって安心できれば、多くの場合症状は軽減されます。
 認知症の人は、自分自身の変化や周囲との違和感に苦しんでいます。その心を感じとり、見守る気持ちを持ってください。
 また、介護する家族の負担は非常大きいものです。家族だけで抱え込まず、地域の保健・福祉・医療サービスを積極的に利用しましょう。

若い方でも認知症になる可能性があります

 認知症は高齢者の病気と思われがちですが、65歳未満でもかかることがあります。65歳未満で発症した場合、「若年性認知症」といいます。
  若年性認知症の場合、多くの人が現役で仕事や家事をしているので、認知機能が低下すれば、支障が出て気付かれやすいと考えられます。しかし、実際には、仕事でミスが重なったり、家事がおっくうになっても、それが認知症のせいとは思い至りません。疲れや、更年期障害、あるいはうつ状態など他の病気と思って、医療機関を受診します。誤った診断のまま時間が過ぎ、認知症の症状が目立つようになってからようやく診断された例も少なくありません。
  「若年性認知症かも」と思ったら、専門医療機関を受診しましょう。

高齢者の認知症との違い

  • 発症年齢が若い(平均51歳くらい)
  • 女性より男性の方が少し多い
  • 年齢的に認知症だとは思わないため、受診が遅れる
  • 働き盛りの年代であり、休職や退職により経済的に困窮する可能性がある
  • 介護者が配偶者に集中しがちである
  • 高齢の親が介護者になることもある
  • 複数介護(若年性認知症の方とその親など)となる場合がある
  • 夫婦間の問題、子どもの養育など、家庭内での課題が大きい

 【出典】「若年性認知症ハンドブック」(認知症介護研究・研修大府センター発行)
     北海道保健福祉部高齢者支援局高齢者保健福祉課リンクより