なんぽろカフェサロン

『なんぽろカフェサロン』を開催しています!

歳を重ねても、元気で生き生き暮らすには、運動や生活改善はもちろんですが、自ら仲間をつくったり、
社会参加することも大事です。
町では、高齢者を中心に誰でも気軽に立ち寄ることのできる「なんぽろカフェサロン」の取り組みを推進
しています。

ちょっと立ち寄って、おしゃべりを楽しんだり、友達の輪を広げたりしてみませんか。

「なんぽろカフェサロン」ってどんなところ?

誰でも気軽に立ち寄って、おしゃべりなどをして交流を楽しむところです。
参加者の皆さんは、それぞれ自由に時間を過ごしています。サロンによっては、オセロやトランプなどを楽しんでいるところもあります。

「高齢者」だけが利用できるの?

まずは高齢者の皆さんの利用を想定していますが、誰でも利用できます。

お金はかかるの?

主催者の皆さんは「ボランテイア」の気持ちでサロンを運営されていますが、サロンの維持や活動にも費用がかかりますので、若干の利用料金をいただくことにしています。

ボランティアとして参加したいのですが?

皆さんのできる範囲で結構ですので、ぜひともご協力ください。
各サロンの主催者やあいくるにご相談ください。

運営されているサロンの紹介


なんぽろカフェサロンゆい

実施日:第2・第4水曜日 13時~15時
利用料:100円
所在地:栄町2丁目1番11号 
      シルバーハウジング集会所


なんぽろカフェサロンひまわり

実施日:第2・第4月曜日 13時~15時
利用料:100円
所在地:北町6丁目2番4号
     北町コミュニティセンター


なんぽろカフェサロン桜

実施日: 第1・第3木曜日 13時~15時
利用料: 100円
所在地: 稲穂1丁目9番1号
      夕張太ふれあい館

   なんぽろカフェサロン寿

    実施日 第1・第3金曜日 
          13時30分~15時30分
    利用料: 100円
    所在地: 中央4丁目3番16号
          中央寿の家

   なんぽろカフェサロン西町

     実施日: 第1・第3水曜日 13時~15時
     利用料: 100円
     所在地: 西町5丁目3番3号
           西町コミュニティセンター


なんぽろカフェサロンみどり

実施日: 第2・第4木曜日 13時~15時
利用料: 100円
所在地: 緑町3丁目1番4号
     緑町コミュニティーセンター

介護サービス情報公表システム

南幌町内のカフェサロンが検索できます。
下記リンク「介護サービス情報公表システム」から北海道、生活支援等サービス検索、南幌町の順で検索してください。

なんぽろカフェサロン立ち上げ・運営費に対する補助金

自分たちの地域でも気軽に集える場所をつくってみたいという気持ちのある方,実施してみたい方に対し、補助金を交付します。


目  的
地域の身近なところで気軽に集まれる場があり、高齢者が社会的孤立感の解消、心身の健康維持及び要介護状態の予防ができます。また、地域での高齢者の見守りや支え合いの体制整備を図ります。
補助交付対象者 上記目的の活動を実施しようとする団体
(営利を目的、政治・宗教に係る場合は除く)
開催場所 地域の会館、公共施設、個人宅、空き家、空き店舗等で、継続して開催が可能な場所

活動内容
・原則月2回以上の開催で、開催時間は1回2時間以上とします。
・場所とお茶の提供を行い、参加者の実情に応じた多様な活動を実施して
 下さい。
・開催時には、原則1人以上のスタッフ(ボランティア)が必要です。
 
補助金経費

事業
立ち上げ費

※初回のみ
・立ち上げに必要と認められる費用
 (例:ポット、コーヒーメーカー等の備品、
    カップ、湯呑等の消耗品、お茶等)
・周知に係る費用
 (例:上質紙、インク、USB等)
<補助金額>
補助対象経費の10割
上限額10万円

運営費
・消耗品費、燃料費、印刷製本費、光熱水費、
 通信運搬費、保険料、人件費、その他運営に
 必要と認められる費用
(※利用者から、無理のない範囲で負担金徴収
  など、自主財源確保の努力をして下さい)
<補助金額>
開設1回あたり1,000円
運営にあたっての
留意事項
1.補助対象者(団体)は、年1回の「南幌地域づくりカフェサロン意見交換会」に参加することとします。
2.特定の活動や特定の人に限定された活動は認めません。
3.本事業は、ボランティアポイントの対象とします。

カフェサロン意見交換会

日 時:平成29年11月20日(月) 13:00~14:30
場 所:南幌町保健福祉総合センターあいくる 2階会議室
参加者:33名

 6箇所のカフェサロン運営者同士の意見交換会を開催し、各カフェサロンで工夫していること等を話し合い、情報共有を行いました。
 また、みどり苑デイサービスセンターの岡本氏をお招きし、カフェサロン活性化を図るアイディアとして脳体操や小物づくりを披露していただきました。

関連ページ