南幌町地域包括支援センター

地域包括支援センターではこんな仕事をしています。

地域包括支援センターでは、主任ケアマネージャー、社会福祉士、保健師などが中心となって高齢者の支援を行います。3職種はそれぞれ専門分野を持っていますが、専門分野の仕事だけ行うのではなく、互いに連携をとりながら「チーム」として総合的にみなさんを支えます。

さまざまな相談ごと (総合相談)

「最近、転びやすくなったけれど、どうしたらいいかしら」「介護保険を利用しないでいつまでも元気でいるにはどうすればいいのだろう」「近所に知り合いがいないので、高齢者が参加できる集まりはありますか」「介護保険はどうしたら利用できるのかしら」など、様々な相談をお受けしています。
相談は、高齢者やそのご家族からだけでなく、ご近所の方など、どなたでも構いません。
足腰が悪くて相談に行く事が難しい方でも、電話での相談や訪問による相談もしています。

介護や健康のこと (介護予防ケアマネジメント)

要介護認定で要支援1・2と認定された人への介護予防ケアプランを作成します。
また、要介護(要支援)状態にならないための介護予防事業を実施します。支援や介護が必要となるおそれの高い人や自立した生活をしている人などは、町が行う介護予防事業を利用できます。

権利を守ること (権利擁護)

高齢者のみなさんが安心していきいきと暮らすために、みなさんのさまざまな権利を守ります。
成年後見制度の紹介や、虐待の防止・早期発見などに対応します。

暮らしやすいために (包括的・継続的ケアマネジメント)

医療機関、民生委員、自治会、社会福祉協議会、ボランティア団体、各種サービス事業所など、地域を支える組織・機関とのネットワークを作り、高齢者のみなさんが暮らしやすい地域にするために、また、住みなれた地域で暮らし続けることができるように連携をしています。

地域包括支援センターの所在地

南幌町は、地域包括支援センターを直営で行っています。
場所は南幌町保健福祉総合センターあいくる 保健福祉課内にあります。お気軽にご相談ください。

関連ページ