介護保険事業計画・高齢者福祉計画策定のための実態把握調査の実施について

調査の趣旨

 南幌町は、令和2年度に、介護保険事業・高齢者福祉の方向性などを定める「介護保険事業計画・高齢者福祉計画」を見直し、計画期間を令和3年度から令和5年度とする「第8期介護保険事業計画・高齢者福祉計画」を策定します。
 計画の見直しにあたり、要介護状態になる前の高齢者のリスクや社会参加の状況などを把握し、今後の施策の検討に生かすため、次のとおりアンケート調査(2種類)を実施します。

調査方法

介護予防・日常生活圏域ニーズ調査と在宅介護実態調査の2種類あります。

種類 介護予防・日常生活圏域ニーズ調査 在宅介護実態調査
対象 1.町内在住の65歳以上の人で、要支
  援・要介護認定を受けていない人
2.町内在住の65歳以上の人で、要支援
  認定を受けている人
要介護認定を受けて在宅で生活している人(医療機関に入院されている方、グループホームや老人施設等に入所されている方は対象外)
調査方法 悉皆調査 悉皆調査
質問内容 ◯お身体の状態について
◯毎日の生活状況について
◯地域での活動について
◯たすけあいについて
◯介護保険制度について  等
【ご本人の回答分】
◯家族から介護を受ける頻度や内容について
◯現在利用している介護保険サービス以外のサービスについて  等
【主な介護者の方の回答分】
◯勤務形態について
◯介護を継続するうえで必要な支援について  等

※対象者が介護度の変更や転出などで対象外になった場合でも送付してしまう場合もございますので、予めご了承ください。

回答手順

アンケートは2月28日頃に発送します。
アンケートは、選択式となっていますので、ご記入の上、返送用封筒で介護予防・日常生活圏域ニーズ調査は4月30日まで、在宅介護実態調査は5月29日までに返送してください。