総合事業の事業所評価加算について

 選択的サービス(運動器機能向上サービス、栄養改善サービス、口腔機能向上サービス)を行う通所型サービス(予防通所介護相当)事業所について、評価対象となる期間に利用者の要支援状態の維持・改善の割合が一定以上となった場合に、当該対象期間の翌年度における当該事業所のサービス提供について、1月につき所定の単位数を加算するものです。

評価対象期間について

 事業所評価加算を算定する年度の前年の1月から12月までの期間

要件について

 事業所評価加算の要件は以下のとおりです。
 

  1. 定員利用・人員基準に適合しているものとして都道府県知事などに届け出て選択的サービス(運動器機能向上加算、栄養改善加算、口腔機能向上加算)を行っていること
  2. 評価対象期間における当該事業所の利用実人員数が10名以上であること
  3. 厚生労働大臣が定める基準を満たしていること

 注記:詳細は、事業所評価加算に関する事務処理手順および様式例について(平成18年9月11日老振発0911001 老老発0911001老健局振興・老人保健課長連名通知)をご確認ください。

届出方法

 当該加算の算定を希望する場合は届出書類にて「事業所評価加算申出あり」として提出してください。

 注記:前年度に引き続いて加算の申出を希望するケースのように、当該加算申出の内容について変更が無い場合は、届出は不要です。(前年度に引き続いて加算の申出を希望しない場合も、同様に届出不要)

1.届出期限
      加算算定を行う前年度の10月15日まで

2.届出書類
 ア:介護予防・日常生活支援総合事業費算定に係る体制に関する届出書
 イ:介護予防・日常生活支援総合事業費算定に係る体制状況一覧表

3.届出方法
  保健福祉課高齢者包括グループあて窓口持参または郵送
   注記:郵送の場合は封筒に朱書きで「事業所評価加算の申出在中」と記載してください。

4.留意事項
 届出をしても要件を満たさなかった場合には加算を算定できません。また、加算の要件を満たしていても事前の届出がない場合には算定できません。

5.町外の事業所について
 南幌町外の当該加算の算定希望事業所につきましては、上記の算定を希望する申出は不要ですが、各事業所所在地の指定権者から送付される事業所評価加算算定基準判定の結果通知文(算定可のもの)が届き次第、すみやかに当該結果通知文の写しとともに上記2の届出書類の提出を行ってください。

届出書類等

 介護予防・日常生活支援総合事業費算定に係る体制に関する届出書と介護予防・日常生活支援総合事業費算定に係る体制状況一覧表については、下記のリンク先より様式をダウンロードしてください。

関連ページ