離職介護福祉士等届出制度について

2017年4月1日より離職介護福祉士等届出制度がスタートしました。

社会福祉法の改正により、2017年4月1日から介護福祉士資格をお持ちの方は、離職時に都道府県福祉人材センターに届出ることが努力義務となりました。
また、努力義務ではありませんが、就業中でも介護福祉士資格をお持ちの方は届出ができます。さらに、介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、旧ホームヘルパー養成研修1級・2級課程、旧介護職員基礎研修を修了された方もぜひ、ご登録ください。

離職介護福祉士等届出制度とは

高齢社会が進むなか、介護の仕事はますます社会的に重要な仕事となっています。
 介護職として働く人は増え続けていますが、現在、そして近い将来、介護を必要とする
高齢者も増加し続けているため、介護の資格、技術、経験を持つ方々は、とても貴重な存在です。

そこで、国は社会福祉法を改正し、介護福祉士の資格を持つ方々が、介護の仕事から一度離れても、いつでも円滑に介護の仕事で再び活躍いただけるように、都道府県福祉人材センターに届出ることを努力義務として規定しました。

福祉人材センターに届出、登録していただくことで、介護に関わる最新情報の提供や研修によるスキル維持・向上のサポート、就職の意向をもった時には、最適な就業場所を紹介するといった福祉人材センターによるサービスを継続して提供させていただくこととなりました。

また、介護福祉士とは異なり法律による努力義務はありませんが、介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、(旧)ホームヘルパー養成研修1級・2級課程、(旧)介護職員基礎研修を修了した方も、福祉人材センターに届出ると同様のサービスを提供させていただきます。

届出については、下記のリンクをご覧ください。