平成30年度の介護報酬改定に伴う加算届(介護職員処遇改善加算を除く)の取扱いについて

平成30年度介護報酬改定について

 平成30年の介護報酬改定に伴い,新たな加算の追加や既存の加算における算定要件の変更があり,それらについて平成30年4月1日から算定を開始するためには,介護給付費算定に係る体制等に関する届出書(加算届)の提出が必要となります。
 従来(平成30年4月改定による新設の加算以外)の加算についても, 新たに算定又は変更する場合は,新様式での届出が必要となりますので御注意ください。
 国において,平成30年度介護報酬改定関係の告示及び留意事項通知が公布されました。次のホームページを参照願います。

加算届に関する注意事項について

(1)新しく設けられた加算

 加算の要件として届出が必要なものについては,届出漏れのないよう御注意ください。

(2)算定要件が変更となる加算

 訪問看護における看護体制強化加算,訪問リハビリテーション及び通所リハビリテーションにおけるリハビリテーションマネジメント加算など,加算そのものは報酬改定以前から存在しているが,算定要件が変更となるものにつきましては,各事業所において変更点を御確認いただき,新しい算定要件を満たしていただき,加算区分の届出をお願いいたします。
 訪問看護における看護体制強化加算は,要件の算定期間が変更されていますので,既存の届出がある場合でも新たな届出がない場合は,加算を適用しない取扱いとしますので,御注意ください。
 なお,新しい算定要件を満たさない場合には,加算の取下げをしていただきますよう,よろしくお願いいたします。

(3)身体拘束廃止取組の有無について

 身体拘束等の適正化のため,平成30年4月から身体拘束廃止未実施減算が創設されます。対象サービスにおいて以下の取組みの要件を満たさない場合は1割の減算となりますので,御注意ください。また,本町の取扱いとして新たに減算項目が設定されたサービス(特定施設入居者生活介護,認知症対応型共同生活介護,地域密着型特定施設入居者生活介護)については,体制届出書の提出を求めますので,必ず届け出てください。

  • 身体拘束等を行う場合には,その態様及び時間,その際の入所者の心身の状況並びに緊急やむを得ない理由を記録すること。
  • 身体拘束等の適正化のための対策を検討する委員会を3月に1回以上開催するとともに,その結果について,介護職員その他従業員に周知徹底を図ること。
  • 身体拘束等の適正化のための指針を整備すること。
  • 介護職員その他の従業員に対し,身体拘束等の適正化のための研修を定期的に実施すること。

介護給付費算定に係る体制等に関する届出書(加算届)の提出について

事業者各位においては、検討及び必要な書類の提出をお願いいたします。

(1)提出期限

 平成30年4月13日(金曜日)
 ※ 平成30年4月16日以降の提出分については,平成30年5月からの算定となります。

(2)提出方法

郵送(当日消印有効)
※封筒に,「平成30年4月算定分に係る加算届」と記載してください。

【送付先】
  〒069-0235
   北海道空知郡南幌町中央3丁目4番26号 保健福祉総合センターあいくる内
     南幌町役場保健福祉課高齢者包括グループ 宛
      TEL 011-378-5888

様式については,下記の提出書類様式からダウンロードしてください。

提出書類様式