介護保険制度改正について

介護保険に関する制度改正の内容について掲載しています。主な内容は、以下のとおりです。

利用者負担割合の見直し

 利用者負担について、これまではサービス費の1割または2割としていましたが、平成30年8月から、一定以上の所得がある2割負担者のうち、現役並みの所得のある方の負担割合が3割になります。詳細は以下のリーフレットを御覧ください。

高額介護サービス費の負担限度額の見直し

 平成29年8月から、高額介護(予防)サービス費の「一般区分」の月額上限額が37,200円から44,400円に引き上げられることとなります。また、1割負担となる被保険者のみの世帯については、3年間の時限措置として年間限度額446,400円が設定されます。詳細は、以下のリーフレットを御覧ください。