介護認定 主治医・認定調査員の皆様へ

 このページでは、介護認定で依頼させていただいている主治医・認定調査員へ向けての情報を公開いたします。
 現在、以下の情報を公開していますので、タイトルをクリックしてご覧ください。

要介護認定における主治医意見書について

要介護認定には、主治医(かかりつけ医)の記入する「主治医意見書」が必要です。
 

  • 事前に通院の必要があります(初診の場合や、長期間通院が無い場合など、必要に応じて、本人から主治医に、事前に連絡する必要があります)。
  • 意見書の作成は、南幌町から主治医に直接依頼し、主治医から南幌町へ直接提出を受けます(本人に意見書作成の費用負担はありません)。

代行申請等の場合は、申請手続きが円滑に進むように被保険者に適切な援助を行ってください。

通院がない(通院してから期間が空いている)場合については、主治医の判断により、主治医意見書の記載ができない場合がありますので、必要に応じて、受診したかどうかを確認し、まだ受診していない方には、なるべく早く受診するよう、説明してください。

主治医欄の記入

要介護認定にあたり主治医意見書を依頼する病院の主治医(かかりつけ医)を記入します。主治医欄には、主治医氏名(姓・名とも)、医療機関名、所在地・電話番号を記載するので、これらの確認が必要です。

入院中の場合等においては、主治医意見書の依頼を行う主治医と本来のかかりつけ医が異なる場合がありますので、代行申請等の場合には、記入に際して、被保険者本人または家族等の意思を踏まえ、適切な申請が行われるよう援助をお願いします。

第2号被保険者(40歳~64歳の医療保険加入者)の場合

第2号被保険者については、介護保険制度における特定疾病(16疾病)について該当する場合のみ制度の対象となります。

申請の際、本人が特定疾病に該当することが分からない場合には、特定疾病に該当し、かつ、主治医意見書の記載が可能であるかを、事前に主治医(医療機関)に確認の上で申請する必要があります。

医療機関の皆様へ

南幌町は、要介護認定を行う際に、要介護認定申請書に記載された被保険者の主治医に、申請者の身心の状況について意見を求めます。

主治医意見書は、介護認定審査会の二次判定に用いられますが、特に第2号被保険者による申請の場合には、特定疾病に該当するかが、判断する材料になります。

介護認定審査会には、医療関係者以外の委員もいるため、記載する医師の方におかれましては、なるべく難解な専門用語を用いることを避けていただき、平易にわかりやすく記入してくださるようお願いいたします。

意見書の依頼について

原則、南幌町から主治医(医療機関)へ依頼書を送付しますが、申請後に直ちに受診する必要がある場合等、依頼書の到達が間に合わない場合には、申請者に対し、主治医宛ての依頼書を交付する場合があります(この場合、南幌町から申請者に対して、事前に主治医(医療機関)に連絡を行なうよう説明をしています)。

意見書の作成が遅延する又は困難な場合について

要介護認定の決定は、特別な理由がある場合を除いて、30日以内に行う必要があることから、南幌町では、意見書の返送希望日を依頼日から約14日後としています。被保険者本人の通院状況や身体状況等により、意見書の作成が遅延する場合には、保健福祉課高齢者包括グループまでご連絡いただきますようお願いいたします。

長期間診察を行っていない、専門外である、他に頻繁に受診している医師がいる等の理由により、意見書の作成が困難な場合には、主治医となり得る他の医師を紹介いただくなど、ご協力をお願いいたします。

入院中に被保険者が死亡された場合について

申請中の被保険者が死亡された場合において、南幌町は、死亡の届出が親族等により提出されるまで、その事実を把握できない場合があります。

被保険者が暫定的にサービスを利用していた場合等において、主治医意見書作成が可能な場合には、南幌町は審査判定を行う必要がある場合がありますので、主治医意見書を依頼中の被保険者が死亡された場合には、保健福祉課高齢者包括グループまでご連絡ただきますようお願いいたします。

主治医意見書にかかる関係様式

参考資料

平成22年度厚生労働省老人保健健康増進等事業「要介護認定における主治医意見書の記載方法等に関する調査研究事業」/発行:NPOシルバー総合研究所

要介護認定における訪問調査について

要介護・要支援認定申請後、約1週間から10日程の間に調査員から日程調整の連絡をいたします。日程が確定した後、調査員が訪問調査に伺います。
 訪問調査では、全国統一の認定調査票に基づいて

(1)心身の状況等74項目(基本調査)
(2)基本調査を補足する、日頃の状況や介護の手間等の具体的状況(特記事項)

の聞き取りを行います。

基本調査は、コンピュータによる一次判定の資料になります。
 訪問調査の際には、必要に応じ、ご家族や関係者の立ち合いをお願いしております。

要介護認定調査委託先の皆様へ

要介護認定調査にあたっては、「認定調査員テキスト」を必携し、各項目の定義に従って適正な調査の実施に努めてください。

なお、平成21年10月1日以降の申請から、要介護認定方法がさらに見直されましたので、新たな認定調査については、厚生労働省ホームページ「要介護認定」に、「認定調査員テキスト2009 改訂版」が掲載されていますので参照してください。

また、要介護認定方法の見直しに係る関係資料(厚生労働省事務連絡)を掲載しますので参考にしてください。

認定調査員の登録

 南幌町との委託契約に際して、委託契約書とともに要介護認定調査従事者名簿を提出していただきますが、その後認定調査員を新規に登録する場合には、保健福祉課 高齢者包括グループまでご連絡ください。

介護認定調査員テキスト【南幌町版】について

平成30年5月に厚生労働省の要介護認定調査員テキスト2009等を参考に認定調査票の記載ポイントや特記事項の書き方をまとめてテキストを作成しました。ぜひご活用ください。

認定調査員向けeラーニングシステム

平成22年度より、厚生労働省実施の要介護認定適正化事業において、認定調査員の調査能力の向上等を目的としたeラーニングシステムによる学習ができるようになりました。
  なお、他市町村で既に登録されている方でも登録していただくことができます。

認定調査員向けeラーニングシステムの特徴

認定調査員向けeラーニングシステムは、インターネット上で提供される認定調査員のための学習支援システムです。
  本システムで提供される「認定調査員向け講座」では、 ご自身の理解度を把握する「全国テスト」と動画を用いた「学習教材」、基本的な考え方や各調査項目の定義について学習する「問題集」が収録されています。調査員一人ひとりが自分の理解度に合わせて学習を進めることで、認定調査に関する知識を深めることができます。


受講は義務ではありませんが,適正な要介護認定の実施のため,認定調査員の皆様は是非参加ください。
下記のURLからログインできます。

対象者

次の2つの要件をすべて満たす方で受講を希望する方が対象となります。

1.本町から認定調査の委託を受けている事業所(指定居宅介護支援事業所、地域密着型介護老人福祉
     施設、介護保険施設)に所属する介護支援専門員
2.現在、調査員として認定調査に従事している方

申込み方法

「eラーニングシステム登録申込書」に入力し、保健福祉課高齢者包括グループ宛てメール、又は窓口まで持参してお申込みください。お申込み後、登録が完了したら、保健福祉課高齢者包括グループから指定されたメールアドレス宛てにIDとパスワードが通知されます。

eラーニング利用までの流れ

1.メールで申込みをする
 「eラーニングシステム登録申込書」に入力し、メールで申込みをする。
               ↓
2.保健福祉課高齢者包括グループから利用開始のウェルカムメールが届く
 保健福祉課高齢者包括グループにて登録手続き完了後、配信します。
   ウェルカムメールには、eラーニングシステムのURL、ログインID、パスワードが記載されてい
 ますので、大切に保管してください。
               ↓
3.ID、パスワードを入力して、eラーニングシステムにログイン
 初回は「利用規約への同意」、「基本情報の入力」が必要です。
               ↓
4.eラーニングの利用開始
  「認定調査員向け講座」を選択します。「全国テスト」終了後、教材・問題集による学習を進めること
 ができます。

認定調査に関する解説動画について

 要介護認定適正化事務局のホームページに「介護認定審査会の手順と特記事項の書き方」の解説動画が掲載されましたので下記のリンクからご覧ください。
 介護認定審査会の手順と特記事項の書き方」では、審査判定手順と特記事項の書き方、事務局の役割について解説をしております。

訪問調査にかかる関係様式

関連リンク