住宅改修・福祉用具購入費の受領委任払制度

受領委任払制度とは

町の認定を受けて介護サービスを利用できる方に対する住宅改修費(介護予防分を含む)と、腰掛け便座や入浴台などの特定福祉用具購入費の支給は、利用者が一度費用の全額を支払った後に町に申請して9割から7割の保険給付を受けるという「償還払い」を原則としています。
「受領委任払制度」は、利用者の支払いがはじめから1割から3割で済むようにし、一時的な負担を軽減するものです(残りの9割から7割は町が施工(販売)事業者へ直接支払います)。
なお、償還払いについては、従来どおり利用することもできます。

対象者

次のいずれにも該当する方が利用の対象者となります。

  • 介護保険料を滞納していない者
  • 介護保険料滞納による支払い方法の変更、保険給付の一時差し止め等の措置を受けていない者
  • 施工(販売)事業者の同意が得られている

手続き

  1. 支給申請書・受領委任払申請書等を提出し、町の決定を受けます。
  2. 町からの決定後に着工(購入)します。
  3. 利用者はかかった費用の1割から3割分を施工(販売)事業者に支払います。
  4. 町は、完成(購入)後に利用者及び施工(販売)事業者に支給決定通知をし、施工(販売)事業者はかかった費用の残りの9割から7割の支払いを受けます。

施工(販売)事業者

申請書

施工(販売)事業者の方へ

受領委任払を取り扱う場合は、南幌町への登録が必要となります。