空き店舗活用支援事業

 南幌町では、平成29年度より中心市街地域内の空き店舗を活用する新規起業者に対して、店舗賃借料の一部を助成する「空き店舗活用支援事業」を開始します。

1 補助対象者 空き店舗を借用し、事業を行う者で、次に揚げる要件のいずれにも該当する者
  (1)商工会において、経営相談及び創業計画の支援を受けた者
  (2)世帯全員が市町村税、国民健康保険税(料)及び介護保険料を滞納していない者
  (3)1年以上継続して営業を行う者
  (4)年間営業日数が概ね260日営業を行う者
  (5)商工会員に加入を行う者
  (6)風俗営業等の規則及び業務の適正化に関する法律に定める営業を行わない者
  (7)南幌町暴力団の排除の推進に関する条例第2条第1号から第3号に規定するものでない者
  (8)営業に必要な許認可等を取得されている者
  (9)町内にある店舗を廃業し、空き店舗へ移転したことにより、移転前の店舗を空き店舗としていな
    い者   
  (10)宗教法人法第2条に定める宗教団体でない者
  (11)空き店舗所有者の生計同一者若しくは2親等の親族出ない者
2 対象地域 南幌町中心市街地域内
3 空き店舗 対象区域内において、3ヵ月以上利用されていない店舗・事務所
4 補助対象業種
        小売業(卸売業除く)、宿泊業・飲食サービス業、生活関連サービス業(娯楽業除く)
        ※日本標準産業分類の規定する業種(大分類-中分類-小分類)
5 補助対象経費 
  (1)補助対象となる経費
    店舗の月額賃借料(保証金、礼金、敷金、仲介手数料を除く)
  (2)補助額
    補助対象経費の1/2以内。ただし、月4万円を上限とする。(1,000円未満切捨て)
  (3)対象となる期間
    事業を開始する日が属する月から12ヵ月を限度
6 補助金交付申請
    事業を開始する30日前までに補助金交付申請書に、次に揚げる書類を提出
  (1)市町村税、国民健康保険税(料)及び介護保険料の未納がない証明書(世帯全員)
  (2)暴力団及び暴力団員に該当しない旨の誓約書
  (3)店舗賃貸借契約書の写し
  (4)営業許可書の写し(許可を必要とする業種の場合)
  (5)事業計画書
  (6)個人の場合は、住民票(世帯全員)
  (7)法人の場合は、商業登記簿謄本
  (8)店舗の写真(外観含む)
   
  
 

空き店舗の情報(R1.7.5現在)

【空き店舗1】

■店舗所在地:南幌町栄町1丁目2番6号
■店舗面積:2階部分88.99坪
■家 賃:80,000円(2階部分)
 1階部分と合わせる場合160,000円(要相談)
■設 備:上下水道、トイレ、対面キッチン、ユニットバス、プロパンガス等
■駐車場:有
■その他:介護施設などにも利用できる広さです。
■店舗のお問合せ
 090-7055-9168 熊野

【空き店舗2】


■店舗所在地:南幌町中央3丁目1-19
■店舗面積 :12坪(1階)
■家  賃 :要相談
■設  備 :水道(流し無)・トイレ
      照明・ストーブ有
■駐車場  :有
■条  件 :スナック・飲食は不可
■店舗のお問合わせ
(011)378ー0102 居上

※その他に空き店舗2件あります(R1.8.1現在)