学校給食の目標

学校給食とは?

 学校給食は、成長期にある子どもたちが栄養バランスのとれた適切な食事を先生や友達と一緒に食べながら、心と体の健康の増進を図るものです。
 給食センターでは、安全・安心な、楽しくおいしい給食を通じて、望ましい食習慣が身につくよう努力しています。

学校給食の目標(学校給食法より)

  1. 適切な栄養の摂取による健康の増進を図ること。   
  2. 日常生活における食事について正しい理解を深め、健全な食生活を営むことができる判断力を培い、及び望ましい食習慣を養うこと。  
  3. 学校生活を豊かにし、明るい社交性及び協同の精神を養うこと。  
  4. 食生活が自然の恩恵の上に成り立つものであることについての理解を深め、生命及び自然を尊重する精神並びに環境の保全に寄与する態度を養うこと。 
  5. 食生活が食にかかわる人々の様々な活動に支えられていることについての理解を深め、勤労を重んずる態度を養うこと。 
  6. 我が国や各地域の優れた伝統的な食文化についての理解を深めること。 
  7. 食料の生産、流通及び消費について正しい理解に導くこと。

食に関する指導の目標(食に関する指導の手引より)

  1. 食事の重要性、食事の喜び、楽しさを理解する。(食事の重要性)
  2. 心身の成長や健康の保持増進の上で、望ましい栄養や食事のとり方を理解し、自ら管理していく能力を身につける。(心身の健康)
  3. 正しい知識・情報に基づいて、食物の品質及び安全性等について自ら判断できる能力を身につける。(食品を選択する能力)
  4. 食物を大事にし、食物の生産等にかかわる人々へ感謝する心を育む。(感謝の心)
  5. 食事のマナーや食事を通じた人間関係形成能力を身につける。(社会性)
  6. 各地域の産物、食文化や食にかかわる歴史等を理解し、尊重する心をもつ。(食文化)