南幌町強靭化地域計画

南幌町強靭化地域計画の策定について

 2011年に発生した東日本大震災の経験を通じ、不測の事態に対する社会経済システムの脆弱さが明らかとなり、今後想定される首都直下地震や南海トラフ地震等の大規模自然災害への備えが国家的な重要課題として認知されることとなりました。
 こうした中、国では2013年12月に、「強くしなやかな国民生活の実現を図るための防災・減災等に資する国土強靱化基本法」を交付・施行し、基本法に基づく「国土強靱化基本計画」を定め、強靭な国づくりを進めています。

 南幌町においても、自然災害に対する脆弱さを見つめ直し、強靱化を図ることは、今後想定される大規模自然災害から町民の生命・財産を守り、持続的な成長を実現するため、「南幌町強靱化地域計画」を策定しました。
 

南幌町強靭化地域計画の基本目標

 南幌町の強靱化は、大規模自然災害への対応を見据えつつ、産業、交通、エネルギー、まちづくりなど幅広い分野における機能を強化する取り組みです。こうしたことからも、人口減少対策や地域活性化など、政策課題にも有効に作用し、持続的成長につながるものでなければならないと考え、3つを独自の目標として掲げ、関連施策の推進します。

・大規模自然災害から町民の生命、財産及び社会経済機能を守る
・南幌町の強みを生かし、国・北海道全体に貢献する
・災害に強い地域社会・地域経済の実現と迅速な復旧復興体制を確立する

南幌町強靭化地域計画の内容

「南幌町強靭化地域計画(素案)」に対する意見募集(パブリックコメント)結果について

「南幌町強靭化計画(素案)」に対する町民の皆様からのご意見を募集しました。

募集期間 令和2年2月10日(月)~令和2年3月2日(月)
意見数 0件